我が家では、食品は可能な限り国産品を購入している。
特に生鮮食品はほぼ国産品。

しかし東京で、米・調味料込み1か月2人2万円の食費でそれを目指すと、少しばかり工夫が必要になる、と思う。

買い物の仕方なんて、家庭の事情でそれこそ千差万別、その家庭であった方法があると思うけれど、一応、我が家の買い物の工夫を書いてみる。

・メインはまとめ買い。

ある商店街で、1-2か月に1回程度、肉や野菜の特売がある。
我が家周辺のスーパーの中では、ここの特売が一番の底値。
だいたい1kg以上のまとめ売りだけれど、国産鶏胸肉は2kg680円だし、豚肩肉切り落としは1kg650円。鶏手羽元は1kg350円。(以前はもっと安かったけれど、最近の物価上昇とともにあがってきた。それでもこの辺では安い。)
IMG_7800 (400x241)
一度にいっぱい買いたいけれど、冷凍庫の容量的に5-6kgが限度。

買ったらすぐ小分けで冷凍。
IMG_7183 (450x319)
切り落とし肉は、いろんな形の肉がまじっているので、小分けにする時に、形のいいのや、肉巻きに出来るほど長さがあるのをよりわけ、別にしておくと、後で料理する時に便利。
IMG_7197 (450x384)
よりわけた分は、ひとめでわかるように色テープをはっている。
(マジックで書いてみたことがあるけれど、凍らせると字が消えたことがある)
かわいらしいマスキングテープではなく、仕事に使うビニールテープという辺りにも節約魂w

鶏胸肉・鶏手羽元・鶏もも肉なんかもまとめ買いして、色々保存処理するけれど、それはまた別の機会に。

この商店街は徒歩ではいけない距離なので、車を出す必要があるけれど、ガソリン代を考慮してもお得な特売。
IMG_7365 (400x251)
更にこの商店街の特売では2,000円以上購入でスピードくじがひける。
参加賞は飴のつかみ取りだけれど、時々、その商店街の店の商品が当たる。実は、この前出てきた千葉産いわしの丸干しも、このくじで当たった。

・週1パートの帰りのスーパー

豚肉・鶏肉はだいたい特売でまかない、足りない分を週1パートの帰りのスーパーで補うのが基本。野菜は1日1人350g以上とるように心がけているので、1週間に1回は補充が必要になる。魚もこの時に買う。
仕事帰りなので、刺身や寿司など半額になっていることも多い。
見切り品はその日の夜には食べるか、酢でしめたり保存食に加工したりする。
魚なんて、朝一に購入したって、夕食まで食べなかったら、冷蔵庫の中で見切り品になっているわけだから、それだったら安い方がいい。

見切り品にはこだわりがないけれど、食材は賞味期限内に使い切るようにしている。
これは旦那さんのこだわり。私は消費期限はともかく、賞味期限はそんなに気にしない方だったけれど、旦那さんは気にする人だった。
まぁ、賞味期限内に使った方が、メーカー推奨の美味しい時期に食べられるし、食品も酸化がすすんでいなくて体にもよさそうだし、ということで従っている。(まとめ買い派の方ならわかっていただけると思うけれど、これはかなり忙しい感じになる。最近は旦那さんも1-2日の賞味期限切れは気にしないようになったけれど。)

基本的にはこの月に4-5回の買い物だけれど、用事で出かけた時なんかに、何か底値で売っているものを見つけたら購入する。
基本的に、献立を決めてから買い物をする、ということは滅多になく(そんなのはクリスマスとかお節料理とかの時くらい)、その時安かったものの組み合わせで献立を作っている。
その時安い物は旬の物であることも多く、自然と季節にしたがった献立になる。

基本の4-5回の買い物の時以外は、買い物のために車を出すことはない。
まとめ買いの特売の底値より安い店があっても、交通費も加味して考える。
(そうすると、たいてい、いつもの特売より高くなる。)
夏の炎天下に歩いて買い物は、食材もいたむのでやらないけれど、気候がいい時は散歩がてらスーパーをのぞいていくこともある。


しかし節約料理といったって、身体が必要としている食べ物の量と、住んでいる地域の底値は決まっているのだから、食費はある一定のところで均衡する。
我が家の場合、ひと月2人2万円予算だと余裕があるけれど、1万5000円だと無理。
確実に、野菜が足りなくなる。
結局、底値で買って、捨てることなく使い切る、という当たり前のことにつきる。

あと、買い物の工夫といえば、楽天ポイントなんかのポイント利用もあるけれど、これはあまりに大きなカテゴリーなので、また別の機会にでも。



にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ
にほんブログ村
 
節約料理 ブログランキングへ