こちらの日記の続きです。

***

朝:コンフォートホテル釧路の朝食

無料朝食バイキング。
IMG_4028 (450x283)
たっぷりの野菜が嬉しい。チキンサラダをいっぱい食べた。
おにぎりは鮭と昆布。やっぱり昆布が美味しい。
IMG_4031 (440x337)
牛乳にヨーグルト+シリアルに、ブドウのコンポートみたいなの。
IMG_4030 (420x295)
牛乳とヨーグルトは、北海道だからすごく美味しかったりするのかな~と少し期待したけれど、普通だった。まぁ、無料バイキングだからね…
IMG_4032 (420x328)
シュガートーストも美味しそうだから食べちゃった。
明らかに食べ過ぎ(^^;

今日の旅は釧路駅から出発。
根室3 (400x225)
目的地は根室。
釧路→根室間はワンマンの普通車。
IMG_4040 (400x318)
ワンマンだけれど、トイレもあり、片道2時間30分の道のりも安心w

途中の車窓の景色も、独特で素敵なんだけれど、一応食べ物ブログなのでその辺は割愛し…
(別ブログでいつか書くかも?)
根室1 (254x350)
根室駅からはレンタカー。

もう昼前なので、まずは昼ごはん。
根室の郷土料理「エスカロップ」の食べられる「食事と喫茶どりあん」へ。
店の外観は撮り忘れたけれど、落ち着いた良い雰囲気。
IMG_4057 (400x262)
エスカロップのうんちくについては、店内に説明が沢山あったので、是非現地で読んで下さい。

そしてこちらがエスカロップ!
IMG_4059 (450x329)
バターライスにタケノコが入っているのが妙にマッチ。
一度も食べたことがないのに、何故か懐かしい洋食の味。
カツがかりっと揚がっていて美味しかった。

こちらは旦那さんが注文したオリエンタルライス。
IMG_4060 (450x321)
肉は牛ハラミで、ハラミ好きの旦那さんは嬉しそうだった。
エスカロップもオリエンタルライスも2人で半分こした。

腹ごしらえが終わった後で、根室の100名城スタンプ対象である、オンネモトチャシ跡へ。
オンネモト (400x225)

100名城スタンプ (197x350)
これで、日本100名城スタンプコンプリート!
この件に関しても、書こうと思えば、思いのたけがほとばしってしまうのだけれど、さらっとスルー。

日本本土最東端の納沙布岬をまわって、
P_20170602_130100 (197x350)
根室駅周辺に戻って、スーパーへ。
SH3L03460001 (315x350)
国産のタコが100g85円って安すぎ!
花咲蟹も1杯400~500円と、安!
花咲蟹 (372x400)
お土産に購入したのは、地方発送用の冷凍品なので少し割高だけれど(それでも安い)、ここに住んでいたら尿酸値あがりそうだわ…
野菜類は思ったより安くなかった。
花咲蟹の他、地酒やさんまの缶詰や帰り道で食べるものなど色々購入。
(お土産で買った花咲蟹を食べた日記はこちら→http://shokuji-shokuhi-taijuu.blog.jp/archives/71069587.html 晩御飯に食べてます)

帰りの普通列車では、まずは北海道限定サッポロクラシック。
IMG_4086 (301x400)
つまみはタイエーの焼き鳥弁当。
IMG_4084 (430x331)
IMG_4087 (450x338)
タイエーとは、根室限定のコンビニで、このやきとり弁当は、函館のハセガワストアのやきとり弁当と同じ物なのだそう。(こちらの記事がわかりやすく面白かったです→「やきとり弁当が根室でも食べられる!? 根室限定コンビニ「タイエー」の謎

そしてスーパーで買った「オランダせんべい」。
IMG_4089 (450x397)
これも根室周辺のお菓子。
ふにゃふにゃでしけった感じがデフォルトなんだそう。
正直、自宅周辺で同じ250円だすなら、別のお菓子を買うけれど、食べてみないことにははじまらないからなぁ(^_^;
オランダせんべいをもぐもぐしている間に釧路に到着。

釧路から特急に乗り換え、今夜の宿泊地、帯広にむかう。
IMG_4103 (460x300)
特急の中で、根室のスーパーで買った刺し盛、マリンサラダ、昆布の小町巻。
北海道に入ってから、やたらと昆布が美味しいのでスーパーでも小町巻を買ってみた。
普通に美味しかった。

列車が遅れて、帯広に到着したら、もう21時過ぎ。
帯広を宿泊地に決めたのは豚丼目当てだったけれど、がっつり肉を食べるのは、ちょっと重いかな~という気分に。
IMG_4385 (450x308)

そこで、かわりに入ったのが「インデアン」。
IMG_4104 (460x328)
公式サイトはこちら→http://www.fujimori-kk.co.jp/indian/

なんでも帯広人のソウルフードなんだとか。
実は、前日の釧路で居酒屋で食べた後、インデアンの店舗をみつけて、旦那さんが「食べたい、けれど食べられない…」と後ろ髪ひかれる思いをしたという経緯があったので、本場帯広で食べることができて結果オーライだった。

***

だいぶ、はしょったつもりだけれど、それでも長くなりました。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

次回、八戸編に続きます。