*マリアージュ献立とは:構成する一品一品はなんということもない料理だけれど、献立としてまとまることで、予想外の味のふくらみをもった組み合わせをさす、このブログでの造語です。

IMG_8994 (450x310)
・麻婆豆腐丼
・ワカメとブナシメジと玉葱のスープ
・カブの茎と皮のポン酢漬け
・白菜とツナのマヨ酢和え
・キクラゲ入り玉子焼き

スープはもうちょっと素晴らしく合うのがあるかもしれない。

***

参考までにそれぞれの料理の説明。

・麻婆豆腐丼
カゴメトマトケチャップの袋の後ろに印刷された「豚こまの和風マーボー豆腐byサクラコさん」というレシピを使用し、作った麻婆豆腐をごはんの上にかけた。
正直、麻婆豆腐といわれると疑問符が浮かぶ味(全然「麻」成分がない)だけれど、やみつきになる美味しさ。著作権的に詳しい作り方は書かないけれど、材料は2人分で豆腐1丁、豚こま肉200g、生姜・にんにく各少々、ネギ1本。味付けはトマトケチャップ大さじ3、味噌大さじ1、お酒・みりん・醤油各小さじ1程度。

・カブの茎と皮のポン酢漬け
IMG_8997 (300x225)
 10年以上愛読している「プチ日記」というホームページで、「カブの茎と皮はポン酢漬けにするのが一番美味しいと思う」という意味のことが書かれていて、「そうなの?」とやってみたら美味しかった。(特にレシピは載っていなかったので、茎はさっとゆがいて、皮は綺麗に洗ったのを生のままで、ポリ袋に入れてミツカンの味ぽんをまんべんなくいきわたるくらいの量いれて放置した)
カブがあまり好きではない旦那さんも「これは美味しい」とばりばり食べるので、最近、カブを買えばもっぱらこれを作る。

・白菜とツナのマヨ酢和え
これは自分のオリジナルなので心置きなく書く。
ただ、オリジナルなので分量は超適当。
[材料2人分]白菜4枚(中葉のあたり)、ツナ缶40g、マヨネーズ大さじ1.5くらい、柚子こしょうぽん酢小さじ2くらい、ゆず搾り汁少々
[作り方]
1.白菜は好きな細さ(今回は5-6mmくらい)に切り、塩少々でもんで放置したあと、水分をしぼる。
2.ツナ缶、マヨネーズ、柚子こしょうぽん酢、ゆずの絞り汁を全部白菜と一緒によく混ぜてできあがり。
(よく混ぜるのがポイント)
IMG_8996 (300x263)
ツナ缶の油をきった方がすっきりすると思うけれど、面倒なので全部投入。
ゆずの絞り汁はたまたまゆずがあったから入れたけれど省略可。
ゆず胡椒ぽん酢がなければ、ただの酢か、味ぽんを使うかな。
ただ、この柚子の風味が、マリアージュ献立としての構成に寄与しているかもしれない。

フンドーキンの「柚子こしょう青ぽんず」も我が家の常備調味料の一つ。
IMG_9004 (245x300)
東京では北野エース(京王百貨店新宿店地下1階)でしか売っているのをみたことがない。
大分ならスーパーで売っている。

楽天市場だとこちら
フンドーキン 柚子こしょう青ぽんず 250ml【楽天24】[フンドーキン ポン酢(ぽん酢)]
フンドーキン 柚子こしょう青ぽんず 250ml【楽天24】[フンドーキン ポン酢(ぽん酢)]

・キクラゲ入り玉子焼き
前回のマリアージュ献立にも登場した料理。中華風の献立で相性がいいのかな。
戻したキクラゲを多目の胡麻油で炒めて、火が通った所で塩で味付けした溶き卵を入れて半熟で火をとめるだけ。
これだけ頻回に出てくるので、楽天レシピなんかにアップしてそこからリンクをはろうかとも思うけれど、料理ともいえない料理だしなぁと、気がひける。



                
 にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村 
 
節約料理 ブログランキングへ